手とり足とり教えてもらわないとです

手とり足とり教えてもらわないとです

この暑さにクーラーがないなんて、本当に信じられませんでした。子供の学校も、もう13年ぐらい前から、クーラーになっていたので、安心していたのです。それなのに、まだ設置していないところがあるなんて、可愛そうですね。学校をお休みにして欲しいくらいです。
最近、とても思うのは、何がなんだかわからないということです。
テレビでは、あいおーてーとか、えーあいとか、世界的に最先端と言っていると思うと、クーラーのない学校があるというのです。これって、ちぐはぐですよね。研究されている方には申し訳ないのですが、というか、それで世界で負け組になり、生活が最悪になるのであれば、やるしかないでしょうが、そうでもないならば、少し、ゆっくりして、普及してもいいような気がします。そうしないと、昭和と未来が入り混じっていて、何がなんだかわからないのです。どの時代なのかということです。クーラーのない昭和なのか、快適な未来なのかです。スピードを落としていかないと、生活できない人が増えてきますよね。まず、コンピューターがわかりませんから。
何よりも、年寄りには、とばすということや、すらいど、プッシュ。その操作自体の選択ができないのではないかと思うのです。
どれだけの人が、ガラケーを使っていると思っていますか。皆さん自慢していますよ。値段も安い。電話だけで来たらいいというのです。もちろんそうですよね。電話ですら、出るのが難しかったりしますから。
こんなことでも、速度が速すぎて、最先端の人と、そうではない、昭和が入り混じっています。
覚えるのは、できない頭になっています。手とり足とり近くにいて、教えてもらわないと、操作できない状況でしょう。

 

開運 財布 おすすめ